Rss

    Archives for : クリスマストリビア

    クリスマスの夢占いの意味や暗示は何?サンタクロースが夢に出たら

    クリスマスが近づいてきました。
    あなたの住む街もイルミネーションに彩られ、クリスマスソングが賑やかに流れているでしょうか?
    街中がクリスマスムードになるに連れて、クリスマスが好きな人もそうでない人もクリスマスを意識するようになります。
    そんなとき、ふとクリスマスに関連した夢を見てしまうことはありませんか?
    例えば、あなたがサンタクロースを待つ夢であったり、きらびやかなイルミネーションに彩られた街並みの夢であったり。
    今回はクリスマスは冬に関連する夢の意味や暗示について紹介します。
    中には意外な意味を持つ夢もあり、思わず驚いてしまうかもしれません。

    クリスマスの夢に共通する心理

    photo-1480412904173-931fd2ecfccb

    クリスマスに関連する夢としては様々なものがあります。
    クリスマスのキラキラした街並みをひとりぼっちで歩くものから、あなたがサンタクロースとなって人々にプレゼントを配っているものまで。
    またモチーフとしてはサンタクロース、トナカイ、プレゼント、パーティーやイルミネーションなどがあります。

    これらのモチーフやシチュエーションによるクリスマスの夢には、実は共通する心理があります。
    それは「変化を求める心」です。
    クリスマス自体が非日常のイベントであり、特別感の強いものであるため、私たちは意識的にか無意識にかは別として、「変化を求める心」をクリスマスと結びつける傾向があるのです。
    また変化を求める心は、変化を実現できない自分に対する不満と表裏一体となっていることも少なくありません。
    そのため、クリスマスの夢には現状に対する不満といった意味がある場合もあります。
    どのような変化を求めるかは人それぞれですが、クリスマスの夢とあなたが求める変化は非常に密接な関係があります。

    シチュエーションからわかるあなたの心理

    photo-1480819031369-4710cf00b8d7

    以下では夢のシチュエーションからあなたがどのような心理であるかを見極める術を紹介します。
    クリスマスの夢のシチュエーションは実に豊富ですが、あなたの心にはどのような気持ちが隠れているのでしょうか。

    イルミネーションの灯る街並みを一人で歩く夢

    あなたがクリスマスソングが流れ、キラキラとイルミネーションが灯る街並みをひとりぼっちで歩いている夢を見た場合、それは周囲に溶け込みたいという欲求の表れかもしれません。
    表面的に人間関係が上手くいっていたとしても、より深い部分で繋がることのできる相手を求めている場合に、賑やかな場所でひとりぼっちの夢を見ることが多いのです。
    また、周囲により深く溶け込んだ後の世界を、あなたが美しいものと感じている場合もあります。
    そんな夢を見た場合は、実は心が寂しがっているのではないかと内面を振り返ってみましょう。
    そして、素直に周囲との関係をより深いものにするための行動を心がけるのがおすすめです。

    サンタクロースとなりプレゼントを配っている

    クリスマスの夢としては、あなたがサンタクロースになりプレゼントを配っているものを見ることがあります。
    これは人間関係を円滑に進めたいという気持ちや、奉仕の気持ちの表れです。
    人間関係を円滑に進めたいという気持ちの場合、その後ろには人間関係に対する不安がある場合もあります。
    奉仕の気持ちの場合は、現状の人間関係に強い満足感を得ていることがありますね。
    そのため、無償で奉仕がしたいと考え、それがサンタクロースになる夢に繋がるのです。

    サンタクロースを待っている夢

    仮にあなたがサンタクロースを待っている夢を見た場合、それはあなたが良い変化を期待している心の表れです。
    同時に、良い変化について待ちの姿勢になっていることも示しています。
    いわば他力本願の状態ですね。
    こういった夢は往々にして、自ら変化を掴み取ることのできない不満も表しています。
    夢の中であなたがサンタクロースを待ちぼうけている場合、現実の世界では変化を起こすための積極的な行動が必要かもしれません。
    待っているだけで幸運が訪れることは非常に稀です。

    友達や好きな人がサンタクロースとなっている夢

    クリスマスの夢の中には、あなたではなく知人がサンタクロースとなっているものがあります。
    そして、その知人とは親しい友人であったり、好きな人であることが多いです。
    この夢は、あなたがその相手に対して、幸福を運んできて欲しいと考えていることを表します。
    例えばあなたの好きな人がサンタクロースとなっている場合、恋を進展させて付き合いたいという気持ちの表れであることが多いですね。
    また親友がサンタクロースとなっている場合は、その人があなたを積極的に行動に駆り立ててくれる存在であり、あなたはその人に依存しているのかもしれません。
    さらに両親がサンタクロースとなっている場合も、あなたの中に両親に対する依存心が未だ存在している可能性があります。

    冬のモチーフの意味

    photo-1488587904337-b4347fc9ae36

    クリスマスの夢には冬と関連するモチーフが沢山登場します。
    以下では、それらの冬のモチーフについて解説します。

    吹雪

    クリスマスの夢には吹雪がよく登場します。
    この吹雪は、あなたが現在決してよくない環境にいることを示しています。
    いうなれば、あなたが困難の真っただ中にいることを示しているのですね。
    夢に吹雪が出てきた場合、あなたが現在行っている努力が実るのはまだ先となります。
    焦らずにコツコツと努力を積み重ねる覚悟が必要となります。
    吹雪はあなたに忍耐を求めるのです。

    静かに降る雪

    夢の中で音もなく静かに雪が降っている場合、それは恋が叶う暗示と言われています。
    しかし、雪はあくまで静かに降っていなければなりません。
    吹雪や雪崩の場合はまた意味が違ってきます。

    しんしんと雪が降っている場合は、あなたの恋に素敵なチャンスが訪れることを意味します。
    好きな人がいる場合は告白のチャンスですし、長年付き合っている人がいる場合は結婚を申し込むチャンスです。
    夢の中を美しく染める雪は、素敵な出来事の前触れなんですね。

    雪山

    クリスマス時期の夢の中に雪山が出てくることもあります。
    この雪山は困難な目標を表しています。
    特に視界一面が真っ白な場合は、非常に困難な目標です。
    これは一面においては、今のあなたにはすぐにその目標を達成することが難しいことを指します。
    しかし、一方ではあなたがコツコツと困難な道を一歩一歩踏みしめて歩いていることも指します。
    日々、つらい努力をしている人は大きな雪山を上る夢を見ることがあるのです。

    氷の塊

    夢に出てくる氷の塊は、危険な兆候です。
    なぜならば、それは退陣トラブルの兆しを表すことがあるためです。
    つまり、この氷の塊は硬く閉ざされてしまった他人の心を示しているのですね。
    夢の中に氷が出てきた場合は、いつも以上に対人関係に気を付けましょう。
    些細なことがきっかけとなり、面倒なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

    まとめ

    photo-1483043012503-8a8849b4c949

    いかがだったでしょうか?
    クリスマスや冬に関する夢の傾向が理解できましたか?
    この時期に見る夢は輝かしいクリスマスのものから、寒々しい光景のものまで幅広くなっています。
    しかし、冬の夢だからと言ってすべてが悪いことに直結しているわけではありません。
    むしろクリスマス関係に夢には、素敵な出来事の前触れとなるものも存在します。
    クリスマスの時期に不思議な夢を見たら、今一度あなたの生活を振り返ってみてください。
    夢があなたに変化のチャンスや危険を避ける行動をとるように訴えかけているのかもしれません。
    そして、日々の不安を解消し、美しいクリスマスの夢を見ることができるように心がけましょう。

    クリスマス時期の植物が知りたい!飾りにもなる花や木の名前や種類

    クリスマスの飾りといえば何を思い浮かべますか?
    もちろんクリスマスツリーを最初に思い浮かべる人は多いでしょう。
    またリースを思い浮かべる方もいますよね。
    そして、それらの飾りにはクリスマスの時期を印象付ける植物が使われています。

    そうなのです、クリスマスの時期を美しく飾り付けるためには植物が必要不可欠なのです。
    今回はクリスマスにまつわる植物について紹介します。
    植物の知識が深まると、クリスマスに対する理解がより進みます。
    リースを作るイメージが広がり、花束を贈る際にも選びやすくなりますね。
    クリスマスの時期、街には様々な花が溢れているんです。

    クリスマスにまつわる植物

    では、早速クリスマスにまつわる植物をみていきましょう。
    どれも、あなたが一度は目にしたことがある植物でしょう。
    クリスマスを華やかに彩るのは植物の力なのです。

    モミ

    photo-1439871846984-851e435a999b

    クリスマスの植物を代表するものといえばモミの木です。
    モミの木hがクリスマスツリーに使われるので、これぞクリスマスの植物といった貫禄です。
    モミは日本でもよく見られる植物です。
    樹高は40mにも達する非常に背の高い気ですが、ツリーには若木が使われることが多いです。
    欧米ではクリスマスの時期に街中でモミの木のマーケットが開催され、各家庭がクリスマスツリー用の木を買う光景が風物詩となっています。
    私たちも一度はモミの木を使用したクリスマスツリーを飾り付けてみたいですね。
    きっと雰囲気抜群です!

    ヒイラギ

    photo-1510454401962-0e9feff8fee6

    クリスマスのリースにはヒイラギの葉がよく使われます。
    そのため、ヒイラギもクリスマスの時期によく見られますね。
    リースはキリストが十字架にかけられた時に頭にかぶっていたいばらの冠を模しています。
    そのため、いばらの棘に似た尖った葉を持つヒイラギが使用されます。
    さらに葉の棘は魔除けにもあると考えられています。
    ちなみに、ヒイラギの葉の縁の棘が肌に触れると、ヒリヒリとした痛みを感じます。
    リースを作るときは肌を傷めないように気を付けてください。

    セイヨウヒイラギ

    photo-1512221295662-63452eecd4df

    セイヨウヒイラギは小ぶりで真っ赤な実を付けます。
    こちらもリースの飾りとしてよく使われます。
    リースを一気に華やかにする真っ赤な実ですが、こちらはキリストが流した血をイメージしています。
    ちょっと怖い逸話のあるセイヨウヒイラギですが、クリスマスカラーとして忘れることはできません。
    街中で見かけることがあったら、じっくり眺めてみてください。

    ポインセチア

    poinsettia-3005795_640

    11月下旬から街中で見かけるようになる真っ赤な葉を持つ植物、それがポインセチアです。
    上述のとおり、真っ赤なものは葉であり、花びらではありません。
    原産国はメキシコで、クリスマスフラワーと呼ばれています。
    まさにクリスマスの時期を代表する植物です。
    ちなみに真っ赤な葉を持つものが定番ですが。白い葉を持つものもあります。
    相手に合わせて色を選んで贈ることができる素敵な植物です。

    ヘレボルス

    christmas-rose-1177713_640

    ヘレボルスは耳馴染みのない植物だと思いますが、クリスマスローズというと聞いたことがある人も少なくないでしょう。
    クリスマスの時期に真っ白な花を咲かせるもので、花びらがバラに似ていることからその名で呼ばれています。
    雪をイメージさせるような白い可憐な花びらは、クリスマスのロマンチックな雰囲気にもってこいです。
    クリスマスの飾りとしてどんな部屋にも合うので非常におすすめです。
    窓の外に雪が降り、部屋の中ではクリスマスローズが美しく咲いている。
    そんな素敵な光景を演出することができます。

    クリスマスに花束を

    クリスマスプレゼントとして花束を贈ったことはありますか?
    メインのクリスマスプレゼントを用意しつつ、サプライズで花束を用意しておくとロマンチックです。
    特に男性から女性に贈ると喜ばれますね。
    また両親や祖父母に対して花束を贈るのも素敵です。
    以下では、クリスマスのムードを演出する花を紹介します。

    バラ

    photo-1494972308805-463bc619d34e

    クリスマスに贈る花として最もおすすめなものはバラです。
    それも深紅のバラ。
    バラの花束はいつ贈っても喜ばれますが、それはクリスマスであっても変わりはありません。
    深紅のバラを集めた花束はゴージャスでありながら可憐で、他のどんな花よりもロマンチックです。
    贈る際はいつもより多くのバラを花束にし、相手をびっくりさせましょう。
    バラの花束は人を幸福にしてくれます。
    ちなみに、深紅のバラがおすすめですが、もちろん他の色のバラも素敵です。
    白やピンクは穏やかな印象の花束を作りますし、ブルーローズは他にはない強い個性と神秘性を持つ花束になります。
    相手のイメージに合わせた色のバラを選ぶのも楽しいですね。

    ガーベラ

    flower-631765_640

    ガーベラもクリスマスの時期の花束にぴったりです。
    バラほど豪華な印象にならず、素朴で温かみのある花束を作ることができます。
    ガーベラだけで花束を作ってもよいですが、様々な花と植物を集めた花束の中にガーベラがあると光ります。
    少ない本数で友人や家族のために小ぶりな花束を作る際にも使いやすいです。
    ガーベラは花束を作る際の万能選手です。
    どこか懐かしさを感じさせるガーベラであなただけの素敵な花束を作ってみてください。

    シクラメン

    flowers-2685687_640

    クリスマスの鉢植えというと上述したポインセチアが定番です。
    しかし、ポインセチアが華やかすぎるといったときに使いやすいのがシクラメンです。
    シクラメンはどこか落ち着いた印象を持つもので、年配の方への贈り物としてもおすすめですね。
    シクラメン自体が耐寒性の高い植物なので、世話をしやすい点も魅力的。
    赤、白、紫と様々な色があり、緑の葉とのコントラストがとても美しいです。
    穏やかなクリスマスの演出にはぜひともシクラメンを利用してみてください。

    手作りリースの作り方

    holiday-wreath-2995941_640

    植物についての知識がついたら、ぜひとも手作りでクリスマスリースを作ってみてください。
    生の素材を使って作るリースは難しそうにも思えますが、実はそうでもないのです。
    むしろ生の素材を使う方が素材の選択肢が広がり、雰囲気も抜群の仕上がりとなります。
    今回は市販のリース土台を使った簡単なリースの作り方を紹介します。

    用意するもの

    手作りでリースを作る際は、以下のものを用意します。

    リース土台

    photo-1512007895839-dbba3903c0e9

    リースの土台はもちろん自分で作ってもよいですが、市販のものを購入するのがおすすめです。
    土台は100円均一にもありますし、モミや杉を利用したものはフラワーショップで売られています。
    緑を活かすのであればモミや杉のものを使うのがおすすめですが、アンティークなイメージを作るのであれば茶色の蔓だけで作られたシンプルな土台がおすすめです。
    また土台だけでほとんど完成となってしまうシンプルなリースとしては、束ねたラベンダーを丸くまとめて作る土台もおすすめです。

    植物

    photo-1484231398360-515f8b80b1a8

    花はリースの主役となる力を持っています。
    生花を使って色鮮やかでみずみずしく飾ってもよいですし、ドライフラワーを使ってアンティークな雰囲気を演出してもよいです。
    ドライフラワーのミニバラは華やかさも演出できて素敵ですね。
    他にもセイヨウヒイラギの赤い実を使ったり、まつぼっくりを配しても雰囲気が出ます。
    どんぐりやスターアニスも細かな飾りとなりますね。
    リースは意外とどんな雰囲気にしても形になります。
    あなたの好きな植物で個性的に飾り付けましょう。

    オーナメント

    photo-1480413679830-7a61baf9cc35

    土台と植物でリースの全容が見えてきたら、オーナメントを使って仕上げに入りましょう。
    華やかな色合いのリボンは定番のオーナメントです。
    リース全体に巻き付けてもよいですし、リボン結びにしたものをリース中央に配してもよいです。
    他には、ツリーに使うサンタクロースや雪だるまをぶら下げてもキュートですし、ベルをぶら下げても可愛いですね。
    とにかくリースは自由な発想で作るのが楽しいです。

    まとめ

    photo-1482271797927-14d5f955dee4

    いかがだったでしょうか?
    クリスマスは植物に溢れていることがおわかりいただけたでしょうか?
    クリスマスの定番植物を知るとクリスマスの用意がさらに楽しくなりますよ。
    今年のクリスマスは、街中にあふれる植物に注目してみてください。

    子供にクリスマスプレゼント何歳まであげる?サンタの正体はいつ教える?

    あなたは子供にいつまでクリスマスプレゼントをあげるべきか悩んだことがありませんか?
    また、どのタイミングで子供にサンタクロースの正体を教えるべきか悩んだことはありませんか?

    クリスマスは夢と希望に満ち溢れたものです。
    子供の中に素敵なものとして存在しているクリスマスを壊さないために、大人は細心の注意をはらうべきなのです。
    今回は、いつまで子供にクリスマスプレゼントをあげればいいのか、また子供にサンタクロースの正体を教えるタイミングについて紹介します。

    統計から読みとるクリスマスと子供の関係

    photo-1511700581478-6e648e5e262d

    子供にいつまでクリスマスプレゼントを渡すか、サンタクロースの正体をいつ教えるかというデリケートな問題を考えるにあたり、まずはクリスマスと子供に関する統計をみてみましょう。
    2つの問題について、世間一般でどうなっているかを知るのは実に有益です。

    子供にいつまでクリスマスプレゼントを渡すか

    「アイリス収納インテリアドットコム」が1,300人を対象に行ったアンケートによると、子供にいつまでクリスマスプレゼントを渡すかについては以下のような結果となっています。
    (参考:https://www.iris-interior.com/special/christmas-present/)

    4~5歳:1.2%
    6~7歳:6.2%
    8~9歳:9.2%
    10~11歳:19.5%
    12~13歳:18.0%
    14~15歳:31.0%
    高校卒業まで:1.2%
    大人になっても:5.6%
    その他:8.2%

    以上のように、最も多い結果は「14~15歳」まで渡すものです。
    実に30%の人が高校に入る前まで、子供にクリスマスプレゼントを渡しているのですね。
    それに次いで「10~11歳」まで、「12~13歳」までとなっています。
    10歳から15歳までクリスマスプレゼントを渡す人を合計すると、68.5%となります。
    また注目すべきは、「大人になっても」渡す人も5.6%いることです。
    子供のうちは一方的に親からプレゼントを渡し、子供が成人した後は親子でプレゼント交換をするのかもしれません。

    サンタクロースの正体をいつ教えるか

    「アフラック」が1,116人を対象に行った調査によると、対象者がサンタクロースを信じていた年代は以下のとおりです。
    (参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000006195.html)

    小学校入学前まで:15.1%
    小学1~2年生まで:27.8%
    小学3~4年生まで:22.9%
    小学5~6年生まで:10.1%
    中学生まで:2.5%
    高校生まで:0.1%
    それ以外:21.2%

    最も多いのが「小学1~2年生まで」で27.8%です。
    次いで「小学3~4年生まで」、「小学校入学前まで」となります。
    実に65.8%の人が、小学5年生になる前にサンタクロースの正体を知っていたのです。
    ちなみに、サンタクロースを信じなくなったきっかけについては、「自然と信じなくなった」が45.8%。
    約2割の人が、「親から言われた」「親がサンタクロースのふりをしているのを見た」となっています。

    いつまで子供にクリスマスプレゼントを渡すべきか

    photo-1481481525014-91e77115eace

    では、いつまで子供にクリスマスプレゼントを渡すべきかについて考えてみましょう。
    この点については、それほど神経質になる必要はありません。
    それはクリスマスプレゼントは大人になってももらうと嬉しいものだからです。
    しかし、実質的な渡しやすさを考えると、子供が家を出る時まであげるのが良いでしょう。
    例えば、大学へ進学するために子供が実家を離れる場合は、高校卒業までクリスマスプレゼントを渡してあげてください。

    小さな子供へのプレゼント選び

    子供が小学生の場合、プレゼントの選び方にはおすすめの2パターンがあります。
    1つは、クリスマスプレゼントは子供が欲しいものを買ってあげるパターンです。
    その際は、クリスマス前に子供の欲しいものを知っておく必要があります。
    子供が小学校低学年のうちはサンタクロースへのお手紙に欲しいものを書いてもらって、それをこっそり読む方法がおすすめです。
    もう1つのパターンは、子供の欲しいものを「親からのプレゼント」として子供に渡し、「サンタクロースからのプレゼント」は子供が寝ているうちに枕元に置くものです。
    この方法では、子供に2つのプレゼントを渡すことになりますが、親からのプレゼントをメインとして、サンタクロースからのプレゼントは本などの簡単なものにするのがおすすめです。

    中学生以降の子供へのプレゼント

    多くの子供は中学生になる前にサンタクロースの正体を知ります。
    そのため、中学生以降の子供に対しては、堂々と親からクリスマスプレゼントを渡すことができます。
    その際は、子供の好きなものを買ってあげるのがやはり最もおすすめです。
    サンタクロースの正体を知っているのであれば、面と向かって子供の欲しいものを聞くことができますね。

    また子供が成人してからは、親子でプレゼント交換をするのもおすすめです。
    対等な立場でプレゼント交換ができると、親子関係がとても円滑になります。
    さらに子供とコミュニケーションもとりやすくなりますね。
    クリスマスプレゼントは子供が何歳になっても渡してよいのです!

    サンタクロースの正体を教える際の注意点

    photo-1512373374262-e0f6da31389f

    子供にサンタクロースの正体を伝えるのはとてもデリケートな問題です。
    純粋にサンタクロースを信じている子供の中には、親がサンタクロースのふりをしていることを知るとショックを受ける子がいます。
    そのため、サンタクロースの正体を伝える際は、細心の注意を払いましょう。

    小学校低学年の子供に伝える場合

    子供が友達や他の大人からサンタクロースの正体を知る前に、自分の口から伝えたいと思う場合があります。
    そうなると、子供が小学校低学年のときに伝えることになるでしょう。
    その際は、「なぜ親がサンタクロースのふりをしているのか」にしっかりと理由をつけてあげるのがおすすめです。
    例えば、「サンタクロースはもっと小さな子供にプレゼント渡すのに忙しいから、お母さんがサンタクロースから頼まれて〇〇〇ちゃんにプレゼントを渡しているんだよ」などです。
    あわせて、クリスマスはサンタクロースがいなくても素敵なものであるということを伝えてあげましょう。
    そうすると、真実を知った子供は一度はショックを受けるかもしれませんが、最終的にはクリスマスの価値を真の意味で理解し、大人になってもクリスマスを楽しむことができるようになります。

    中学生の子供に伝える場合

    中学生の子供にサンタクロースの正体を伝えるのは比較的簡単です。
    子供はその頃になると分別があり、物事を多面的に考えることができるようになっているためです。
    そのため、サンタクロースの正体を知っても、クリスマスは素敵なものだと簡単に理解することができます。
    親が子供にサンタクロースの正体を伝える際は、正体を伝えるだけでなく、同時にクリスマスは大人になっても素敵なものなのだと伝える必要があるのですね。
    クリスマスを家族みんなでしっかりと楽しんでいると、サンタクロースの正体などそれほど気にならないものです。

    最後に

    photo-1512077909786-e045714d3f8f

    いかがだったでしょうか?
    子供にいつまでプレゼントを渡すか、いつサンタクロースの正体を伝えるべきかについてイメージができましたか?
    まずプレゼントに関しては、いつまで渡すかについて過度に気にする必要はありません。
    むしろ大人になっても渡す方が家族でクリスマスを楽しむことができます。

    次に、サンタクロースの正体を子供に伝える場合は、同時にクリスマスはサンタクロースが実在しなくても素敵なものであるということを伝えることが大切です。
    サンタクロースはクリスマスを象徴する概念であり、クリスマスを夢あふれるものにするために存在しているのです。
    サンタクロースが実際に存在するか否かではなく、人が人を想う気持ちが大切なのだと子供に伝えましょう。
    そうすることで、子供は、大人になってもクリスマスを楽しむことができる素敵な人に育ちます。

    クリスマスに食べるものは世界で違いがある?アメリカ日本、その他の国の違いとは

    あなたはクリスマスに何を食べますか?
    日本だとケンタッキーフライドチキンを買う家庭も多く、クリスマスにはチキンというイメージが強いです。
    また日本の場合は、ケーキも欠かすことができません。

    では、世界ではクリスマスにどのようなものが食べられているのでしょうか?
    外国ではクリスマスにターキーを食べると聞いたことがある人も多いでしょう。
    今回は世界でクリスマスに食べられている料理のお話です。
    世界各国のクリスマス料理を知ることで、今年は一味違ったクリスマスを演出できるかもしれません!

    日本のクリスマス料理

    以下では、日本の定番クリスマス料理を紹介します。
    お馴染みのクリスマス料理は心が和みますね。

    ケンタッキーフライドチキン

    food-997682_1280

    日本のクリスマスといえば、一にも二にもケンタッキーフライドチキンです。
    クリスマスに家族で食べた経験があるという方はきっと多いはずです。
    ケンタッキーフライドチキンは、クリスマスに合わせてチキンのみではなく様々な料理を売り出します。
    最近は本格的なローストチキンやケーキも、ケンタッキーフライドチキンで買うことができます。

    ローストビーフとピザ

    pizza-2973200_1280

    ケンタッキーフライドチキンほど定番ではなくても、クリスマスにローストビーフやピザ食べる家庭は多いです。
    どちらも日常を忘れさせてくれる豪華な料理であり、クリスマスを盛り上げてくれますね。
    また家族で囲んで食べられるという点も大きな魅力です。

    クリスマスケーキ

    98dcf9891098a8bf48da48999fac829e_m

    クリスマスの大きな楽しみといえば、ケーキです。
    昨今は、ケーキ屋さんのみならず、多くのスーパーやデパートでもクリスマスケーキを売り出します。
    有名シェフが監修したケーキもあり、普段は食べないような豪華で洗練されたケーキを楽しむことができるのはクリスマスの醍醐味ですね。
    クリスマスはケーキの種類を変えるだけで、思い出がぐっと深まります。

    アメリカのクリスマス料理

    クリスマスの本場といえば、あなたはどの国を思い浮かべますか?
    クリスマスのイベント自体はヨーロッパで誕生したものですが、現代においてはアメリカこそクリスマスの本場の国と考える人も多いでしょう。
    以下では、そんなアメリカでクリスマスに食べられている料理を紹介します。

    実はターキーはそれほど食べない?

    外国のクリスマス料理というとターキー(七面鳥)を思い浮かべる人もいると思いますが、実はクリスマスにターキーはそれほど食べられません。
    むしろターキーは感謝祭(アメリカの場合、11月の第4木曜日)で食べられることが多い伝統料理です。
    クリスマスと時期も近いため、感謝祭にはタ―キーを食べて、クリスマスには別の肉料理を食べる家庭が多くなっています。
    ただ、もちろんクリスマスにターキーを焼く家庭もあります。

    ローストビーフ、ハム

    fillet-of-beef-2654315_1280

    アメリカのクリスマス料理で欠かせないのが、ローストビーフとハムです。
    どちらも日本でよく見かけるものよりも大きく、肉の塊といった印象を抱かせるものです。
    それらをオーブンで豪快に焼く様は特別感があり、非常に豪華な料理です。
    食べるときも分厚く切られるので、確かにローストビーフやハムなのですが、食べ応えはステーキに近いものがあります。
    アメリカらしいダイナミックなメイン料理ですね。

    ローストチキン

    taiwanese-cuisine-1057726_1280

    クリスマスのアメリカを彩る肉料理として忘れてはならないのが、ローストチキンです。
    最近はタ―キーよりもチキンを食べる家庭が増えてきています。
    こちらも丸鶏をオーブンで豪快に焼き上げるスタイルです。
    ちなみに、アメリカではクリスマスにケンタッキーフライドチキンはあまり食べられません。

    パイとクッキー

    christmas-cookies-2988164_1280

    アメリカではクリスマスにケーキよりもパイが食べられます。
    パイの種類は家庭によりけりで、アップルパイ、チェリーパイ、ブルーベリーパイ、パンプキンパイ、スイートポテトパイなどがあります。
    またアメリカではクリスマスに大人数でパーティーをすることから、クッキーもよく食べられます。
    雪だるまやサンタクロースなどのクリスマスのモチーフをかたどった大きなクッキーは、アメリカンクリスマスのシンボルですね。

    エッグノック

    photo-1511905881394-700968148222

    アメリカのクリスマスを語る上で忘れてはならないのが、エッグノックです。
    エッグノックは、たまご、牛乳、砂糖などを混ぜて作る温かいドリンクです。
    エッグノックの魅力は、個人の好みに合わせてシナモンなどのスパイスや、ブランデーなどのお酒を加えて楽しむことができる点です。
    寒いクリスマスの夜に、身体を芯から温めてくれる甘く優しいドリンクです。

    その他の国のクリスマス料理

    ここまで日本とアメリカのクリスマス料理を見てきましたが、結構な違いがありました。
    しかし、諸外国にはさらに驚きのクリスマス料理が存在します。
    以下では、世界のクリスマス料理について紹介します。

    フランスのジビエ料理

    restaurant-1763081_1280

    フランスの内陸部では、クリスマスにジビエを食べる習慣があります。
    ジビエは狩猟肉とも呼ばれ、マガモ、アヒル、キジ、野ウサギ、シカなどが代表的です。
    これらのジビエはローストされ、クリスマス料理として供されます。
    ちなみに、フランスのブルゴーニュ地方のピノノワールを使った赤ワインは、ジビエ料理によく合います。

    スウェーデンのユールシンカ

    30491408724_5160cf9200
    (引用:http://blog.livedoor.jp/spicesoflife/archives/51886398.html)

    スウェーデンでは、マスタードと卵液をハムに塗って焼き上げたユールシンカというローストポークがよく食べられます。
    マスタードの風味がアクセントとなったスウェーデンの定番料理です。
    ユールシンカは豚肉の塊を使って作られることもあり、豚肉のジューシーな脂にマスタードの酸味が実に合うのです。
    日本でも一風変わったクリスマスのメインディッシュを作りたいときにおすすめです。

    ハンガリーのハラースレー

    20110509_746270
    (引用:http://hungary.jugem.jp/?eid=467)

    ハンガリーでは、12月24日にハラースレーという川魚のスープが食べられます。
    ハラースレーは、香味野菜と魚からじっくりと出汁をとったスープに、パプリカ粉で赤い色をつけ、トマトペーストで味を調えたものです。
    普段ほとんど魚を食べない人でも、「クリスマスだけは絶対にハラースレーを食べる!」という場合もあるのだとか。
    クリスマスに川魚のスープというのは、非常に新鮮ですね。

    ドイツのシュトーレン

    christmas-stollen-2903847_1280

    クリスマスのスイーツとしてぜひとも紹介したいのが、ドイツのシュトーレンです。
    シュトーレンは、ケーキ生地にドライフルーツやナッツを練り込み焼き上げ、表面に真っ白な粉砂糖をまぶしたお菓子です。
    適度に甘く、ドライフルーツやナッツの複雑な風味があり、非常に美味しいのです。
    ドイツでは、12月に入るとシュトーレンが様々な場所で売り始められます。
    そして、人々はスライスしたシュトーレンを1切れずつ食べながら、クリスマスを待つのです。
    クリスマスを待つ間に食べられるお菓子って素敵ですね。

    まとめ

    christmas-table-1909797_1280

    今回は世界のクリスマス料理を紹介しましたが、いかがでしたか?
    日本での定番料理は決して世界の定番料理ではないのですね。
    それどころか、国によってクリスマスに食べられる料理は実に多様です。
    それらは国ごとの文化や気候を反映しており、私たちに改めて世界に潜む多様性を教えてくれますね。

    いつもと違ったクリスマスを演出したいと考えるなら、今年のクリスマスは他国の定番料理を用意してみてはいかがでしょうか?
    日本では手に入りにくい食材を使った料理も多いですが、「今年はドイツのクリスマス」と決めて料理をするのも楽しいでしょう。
    また友人と集まるクリスマスパーティーで、一風変わった料理を披露するのもおすすめです。
    今年のクリスマスはぜひとも料理に工夫を凝らしてみてください!
    きっと今までとは違った味わいのあるクリスマスになりますよ。

    クリスマスが嫌いな人の理由とは!彼氏や彼女がイベント嫌いだったらどうする?

    あなたはクリスマスが好きですか?
    もちろん多くの人は大好きでしょう!
    しかし、中にはクリスマスが嫌いという人もいるのです。
    にわかには信じられないかもしれませんが、これは事実です。

    今回はクリスマスが嫌いな人にフォーカスしてみたいと思います。
    彼らはなぜクリスマスが嫌いなのでしょうか?
    そして、あなたの彼氏や彼女がクリスマス嫌いであった場合、どうしたらいいのでしょうか。
    クリスマスを祝うこともやめるのか、それともクリスマスの魅力を伝える努力をするのか気になりますよね。

    クリスマスが嫌いな理由

    KCDSC_5952_TP_V

    はじめに、クリスマスが嫌いな理由についてみていきましょう。

    彼氏・彼女がいない!

    クリスマスが嫌いな理由で最も多いのが、「彼氏・彼女がいないから」です。
    つまり、恋人がいないことが理由ですね。
    日本においては、クリスマスは恋人と過ごすものというイメージがあります。

    たしかにクリスマスになると街中でアクセサリーを一緒に選ぶカップルを目にする機会も増えます。
    それらの光景を見て、恋人がいない人はつらい思いを抱くことがあるのです。
    クリスマスのイメージがもっと自由な形で楽しめるものだと、嫌いという人も減るのかもしれません。
    もちろんクリスマスの楽しみ方は人それぞれなのですがね!

    また似たタイプとして、恋人がいないことを周囲からあれこれ言われるため、クリスマスが嫌いになる人もいます。
    自分としては恋人がいなくても楽しく過ごしているのに、お節介な周囲の人が「寂しくない?」などと聞いてくるのです。
    その結果、クリスマスが面倒で嫌いになる人もいます。

    単純に疲れる

    クリスマスが嫌いな理由として、意外と多いのが「疲れるから」というものです。
    クリスマスシーズンになると、街はイルミネーションであふれます。
    その結果、人通りも多くなります。
    またデパートやショッピングモールにはクリスマスソングが流れ、終始浮かれた雰囲気となります。

    クリスマスが嫌いな人の中には、これらの雰囲気に疲労を覚える人がいるのです。
    また人通りが多くなり、買い物やお出かけが不便になると考える人もいます。

    プレゼントを選ぶのが苦痛

    プレゼント交換はクリスマスの醍醐味です。
    しかし、人によってはプレゼント交換が苦痛と感じる人もいます。
    これもクリスマスを嫌いな理由の1つです。

    昨今は恋人同士でなくてもプレゼント交換をすることが増えてきました。
    家族にプレゼントを選び…
    複数の友達にプレゼントを選び…
    そして、恋人にプレゼントを選ぶ。
    プレゼント選びがそもそも苦手な人はクリスマス自体が嫌いになってしまうのです。

    仕事が忙しくなる

    クリスマスは街に人があふれ、飲食店は大変に混雑します。
    そのため飲食店で勤務している人の中には、仕事が忙しくなるためクリスマスが嫌いという人がいます。
    私の時給は変わらないのに、クリスマスはいつもの3倍のお客さんをさばかなければならない!といったところでしょうか。
    たしかにレストランやギフトショップはクリスマスになるだけで仕事の疲労がどっと増すでしょう。

    クリスマスに失恋したことがある

    クリスマスに由来する失恋の体験を抱えている人も、クリスマスを嫌いになることがあります。
    例えば、過去のクリスマス当日に告白して玉砕した場合や、クリスマス当日に恋人からフラれてしまった場合です。
    そういった人の頭の中では「クリスマス=失恋」なのです。
    街がクリスマスムードに包まれる度に、過去の苦しい思い出がよみがえるのはつらいことです。

    幼少期のトラウマ

    クリスマスが嫌いな人の中には、幼少期にクリスマスについて嫌な体験をしている場合があります。
    例えば、
    誕生日が12月であったことから誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントをまとめられたことが嫌で仕方なかった。
    家が貧しく、一度もクリスマスプレゼントをもらったことがなく、人を羨んでばかりいた。
    など・・・
    こういった幼少期の体験を大人になっても引きずっている場合があるのです。

    宗教的な理由

    少数派ではありますが、宗教的な理由からクリスマスが嫌いという人もいます。
    そもそもクリスマスはキリスト教のお祝いです。
    そのため、宗教が違うためにクリスマスを祝うことをしないという人もいます。
    中にはキリスト教が嫌いだから、クリスマスも嫌いという人だっているのです。

    彼氏・彼女がクリスマス嫌いだと大変

    JK92_hohohiji20150222103753_TP_V

    ここまで見てきたように、クリスマスが嫌いな人は決して少なくないのです。
    そして、そういった人が彼氏・彼女だと、あなたは以下のような思わぬ苦労をするかもしれません。

    クリスマスを一緒に楽しめない!

    彼氏・彼女がクリスマスが嫌いだった場合、最もつらいのは一緒に祝うことができないことでしょう。
    街では恋人同士が仲良く寄り添って歩いているのに、なぜ私だけ…といった気持ちになるのは仕方がありません。
    もちろん恋人の人柄などに恋をしてお付き合いを始めたのですから、クリスマスを一緒に祝うか否かは恋人関係の継続とは直接的には関係がありません。
    しかし、恋人と一緒にクリスマスを祝いたいというのも素直な気持ちですよね。

    クリスマスの話題を避けるために気を遣う

    恋人がクリスマス嫌いだった場合、話題の中にクリスマスを出さないように気を遣うことがあります。
    そして、気疲れをするわけです。
    中にはクリスマスの話題が出ただけで、過剰に反応するタイプの人もいます。
    あなたとしては世間話のつもりだったのに、ケンカに発展してしまうこともあるのです。

    またクリスマス嫌いの人はイルミネーションも嫌う傾向があります。
    そのためクリスマスシーズンはデートの場所が制限されてしまうこともデメリットです。

    クリスマス嫌いな彼氏・彼女への対処法

    photo-1495053054039-61843ae9d2af

    彼氏・彼女がクリスマス嫌いだった場合、クリスマスを好きにさせることはできるのでしょうか。
    恋人に対して、クリスマスが嫌いだという考えを変えてほしい!
    一緒にクリスマスを祝いたい!
    という気持ちはよくわかります。
    しかし、そんな彼氏・彼女を今すぐクリスマス好きにするのは難しいでしょう。
    人の考えを180度がらりと変えることはそう簡単ではありません。

    とはいいましても、「クリスマス大好き!」の状態にまですることは難しくても、「特に好きでも嫌いでもない」という状態にすることであればできる可能性があります。
    以下では、その方法を紹介します。

    まずは原因を特定

    彼氏・彼女とクリスマスを普通に祝うためには、まずはあなたの恋人がなぜクリスマスが嫌いなのかを知りましょう。
    原因を特定するのです。
    そうすることで、有効な対策がみえてきます。
    上記したクリスマスが嫌いな理由の中に、あなたの彼氏・彼女に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

    原因に合った対策を考える

    原因の特定が済んだら、次は具体的に対策を考えます。
    以下、3つのパターンを紹介します。

    町が混雑して疲れるため、クリスマスが嫌いな場合

    この場合は思い切ってクリスマス当日は家にこもって楽しむ方法を提案してみてください。
    クリスマスの買い出しもあなたが済ませ、恋人とは家の中で楽しむのです。
    出かけなくて済むだけで、クリスマス嫌いな彼氏・彼女の負担は大きく減るはずです。

    プレゼントを選ぶのが苦手で、クリスマスが嫌いな場合

    この場合、クリスマスプレゼントはお互いに相手の欲しいものを買うスタイルにしましょう。
    そうすると、相手が喜ぶかどうかを気にかける必要がなくなり、プレゼント選びの負担が消えます。
    またお互いに欲しいものを確実に手に入れることができる点も大きなメリットです。

    過去のトラウマにより、クリスマスが嫌い

    幼少期の体験や失恋の経験がクリスマス嫌いに結びついている場合、これを変えるのには時間がかかります。
    少しずつあなたと恋人の間で幸せで安心できるクリスマスの思い出を積み重ね、それがトラウマを覆いつくすのを待ちましょう。
    恋人の心の傷を癒すのは、時間とあなたです。

    まとめ

    photo-1510545973694-c3190af89c24

    いかがだったでしょうか?
    世の中には確かにクリスマス嫌いの人がいるのです。
    そして、その理由は人それぞれです。

    彼氏・彼女がクリスマス嫌いだった場合、一緒にお祝いをすることが難しく悲しい思いをするかもしれません。
    しかし、彼氏・彼女がクリスマスを嫌う理由を特定し、適切な対処をすることで、いつかは二人で普通にクリスマスをお祝いできるようになる可能性があります。
    恋人の中にクリスマスの素敵な思い出をつくってあげるのは、あなたです。

    クリスマスにケンタッキーを食べるのはなぜ?2017年限定メニューと予約方法

    クリスマスのディナーといえば、家族でケンタッキー・フライドチキンを食べる人も多いでしょう。
    しかし、アメリカではクリスマスにフライドチキンを食べる習慣がないのをご存知でしょうか。
    クリスマスの本場ともいえるアメリカをはじめとしたキリスト教圏の国では、クリスマスに七面鳥を食べる習慣があります。

    なぜ日本ではクリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べる習慣が広まったのでしょうか。
    今回はクリスマスとケンタッキーフライドチキンの関係に注目します。
    また2017年のクリスマス限定メニューと予約方法もご紹介いたします。

    クリスマスとケンタッキー

    history_img02
    (引用:https://japan.kfc.co.jp/company/history.html)

    会社としてのケンタッキーフライドチキンは1955年にアメリカで誕生しました。
    しかし、オリジナルチキンのレシピ自体は1939年に誕生し、今も受け継がれています。
    当時、カーネル・サンダースは49歳でした。

    日本へ上陸

    日本にケンタッキーフライドチキンが入ってきたのは1970年のことです。
    大阪の万国博覧会にケンタッキーフライドチキンの実験店が出店され、大盛況となりました。
    同年、日本ケンタッキーフライドチキン株式会社が誕生し、名古屋に1号店がオープンしました。
    当時の日本では未だフライドチキンという食べ物自体が馴染みのないものであり、オープン当初の売上は厳しいものだったようです。
    しかし当時の日本にはアメリカの文化を積極的に取り入れる気風が漂っており、ケンタッキーフライドチキンは若者を中心に人気を博します。

    クリスマスとの繋がり

    ケンタッキーフライドチキンの人気が高まりを見せている時、とある店舗の近くのミッション系の幼稚園からフライドチキンの注文が入ります。
    その際、幼稚園から「パーティーをしたいので、サンタクロースの扮装をして幼稚園に来てくれないか」との要望があったのです。
    そこで同店の店長がサンタクロースの扮装をし、幼稚園にフライドチキンを届けたところ、子供たちは大喜び。
    これにヒントを得た当時の営業担当者がクリスマスにケンタッキーフライドチキンを結び付けてアピールする戦略を思いつきます。
    そして1974年12月1日にケンタッキーフライドチキンで初めてのクリスマスキャンペーンが行われました。
    これが「クリスマスにはケンタッキーフライドチキン」のはじまりなのです。

    日本においてクリスマスはほとんど宗教色を持ちません。
    日本におけるクリスマスはあくまで年中行事の1つであり、家族の団らんの場であり、恋人とロマンチックに過ごす日なのです。
    このように宗教と離れ、人と人が華やかな時間を過ごす日として定着しつつあったクリスマスに、欧米を代表する食べ物であったフライドチキンはぴったりとはまりました。
    そして現在の「クリスマスはケンタッキーフライドチキン」というイメージが作り上げられました。
    このイメージは日本ケンタッキーフライドチキン株式会社のとある営業担当者が生み出したアイディアから生まれたのです。

    2017年クリスマス限定メニュー

    以下ではケンタッキーフライドチキンの2017年の限定メニューをご紹介いたします。
    ケンタッキーフライドチキンのクリスマスメニューは毎年ワクワクする特別なものが用意されています。
    家族で暖かく楽しむシーンにも、友人同士で盛り上がるシーンにもぴったりのメニューが揃っていますよ!

    パーティーバーレル

    pb3_img
    (引用:https://www.kfc.co.jp/campaign/xmas2017/)

    パーティーバーレルはケンタッキーフライドチキンを代表するクリスマスメニューです。
    クリスマス仕様のデザインのバーレルにクリスマスを彩る様々なメニューが詰め込まれた、まるでプレゼントのようなケンタッキー。
    今年のパーティーバーレルには3種類がありますが、「デラックス」が最もお勧めです。
    パーティーバーレル・デラックスは、オリジナルチキン4ピース、五穀味鶏ローストレッグ、デラックスサラダ、トリプルベリーのティラミス、クリスマス絵皿がセットとなっています。
    オリジナルチキンを楽しみながら、本格的なローストレッグを楽しむことができるのはパーティーバーレル・デラックスだけです!
    そして、デラックスサラダは三種の野菜に生ハムをトッピングした特別感あふれるもので、ケーキは北海道産のマスカルポーネ&クリームチーズと3種のベリーを使った本格的なものです。
    パーティーバーレル・デラックスさえあれば、クリスマスのメイン料理がすべて揃うのです。

    クリスマスパック

    xp_a_pt
    (引用:https://www.kfc.co.jp/campaign/xmas2017/)

    クリスマスパックは多少な種類のチキンを楽しむことができるものです。
    様々なチキンを一度に取り揃えたいという方にお勧めですね。
    今年のクリスマスパックは3種類。
    中でも「Aパック」はオリジナルチキン5ピース、チキンテンダー4ピース、ナゲット10ピース、バーベキューチキン2ピースの欲張りなパックです。
    オリジナルチキンとバーベキューチキンでディナータイムを楽しみ、ガーリック醤油味の鶏むね肉であるチキンテンダーはクリスマスの長い夜を楽しむおつまみにといった楽しみ方もできます。

    プレミアムシリーズ

    健太
    (引用:https://www.kfc.co.jp/campaign/xmas2017/)

    プレミアムシリーズは国内産銘柄鶏「五穀味鶏」を使った単品のメニューです。
    中でも「プレミアムローストチキン」は五穀味鶏の縄と肉の間にパルメザンチーズときのこのファルスを詰め込んだ本格的なローストチキンです。
    ハーブと野菜を使って焼き上げられた丸鶏はまさにパーティーの主役となる逸品です。
    今年は予約でしか手に入らない特別なチキンでクリスマスを彩りましょう。

    サイドメニュー

    side3_pt
    (引用:https://www.kfc.co.jp/campaign/xmas2017/)

    ケンタッキーはクリスマスに嬉しいサイドメニューも豊富です。
    サイドメニューには以下の種類があります。

    ・バーベキューチキン
    ・チキンテンダー
    ・スモークチキンハーフ
    ・カーネリングボックスポテト
    ・ナゲット
    ・シャンメリー

    中でも「スモークチキンハーフ」は桜のチップで燻製にした本格的なスモークチキンです。
    スタンダードとパストラミの2つの味があります。
    サイドメニューを上手く組み合わせることで、あなただけのクリスマスメニューを作ることができますね。

    クリスマスメニューの予約方法

    以下ではクリスマスメニューの予約方法をご紹介いたします。
    クリスマスメニューの予約は原則として11月1日から12月21日の間に行う必要があります。
    メニューの中には12月10日までに予約する必要があるものもあるので注意してくくださいね。

    ネット予約

    無題
    (引用:https://www.kfc.co.jp/campaign/xmas2017/guide.html)

    ネット予約は以下のとおり行います。

    予約ページの右上にある「注文する」ボタンを押し、ログインします。
    ※利用登録が必要です。
    ②「クリスマスメニューを予約する」のボタンを押します。
    ③メニューを受け取る店舗を選択します。
    ④予約日時(受取日時)とメニューを選択します。
    ⑤支払方法を選択し、注文を確定させます。
    ⑥注文受付完了メールが届き、予約が完了です。

    ネット予約は非常に便利です。
    家にいながらゆっくりとメニューを選ぶことができます。
    しかし、早めに予約をしないと、希望の受取日時にケンタッキーを受け取ることができない場合があります。
    人気の店舗で受け取る場合は、早めの予約が必要となります。

    店頭予約

    ケンタッキーのメニューは店頭で予約を行うこともできます。

    ①予約するメニューを決めましょう。
    ②インターネットから予約カードをダウンロードすることができるので、必要な情報を記入して店頭に持ち込むとスムーズです。
    ③お店に向かいましょう。
    ④お店で予約手続と支払いを行い、引換券を受け取ります。この引換券が予約完了の証となります。
    ⑤受取日時に店頭に行き、商品を受け取ります。

    店頭予約では、どういった味わいのメニューであるかを店員さんに聞くこともできます。
    普段からケンタッキーを利用する方は、ついでに店頭予約をしてもよいですね。

    まとめ

    9cc0545bd4fa5a5ce64c7b9397b7a122_m

    いかがだったでしょうか?
    ケンタッキーが食べたくなりましたか?
    1974年、とある職員のアイディアによりクリスマスと結びついたケンタッキーは、今では多くの人に愛されるクリスマスの定番メニューです。
    きっかけこそ一人の職員のアイディアでしたが、これほど長くケンタッキーが愛されてきた理由はその美味しさにあります。

    2017年のクリスマスメニューは特別感と華やかさがあり、種類も豊富です。
    家族みんなでワイワイと食卓を囲む際にもぴったりですし、友達とパーティーをする際にも最適ですね。
    今年のクリスマスはケンタッキーフライドチキンで決まりです!

    クリスマスは宗教によって違う?日本とアメリカの違いや祝えない宗教とは

    日本において、クリスマスはイエス・キリストの誕生日であるという認識が一般的です。
    しかし、新約聖書にはキリストの誕生日を特定するような記述はありません。
    現にアメリカでは、クリスマスはあくまでキリストの降誕を祝う祭日であり、キリストの誕生日当日という認識はされていないのです。

    またクリスマスは、はじめからキリスト教の祭事だったわけではありません。。
    今では世界中の多くの地域で祝われているクリスマスですが、その起源はどこにあるのでしょうか。
    またクリスマスを祝うことができない宗教は存在するのでしょうか?

    今回はクリスマスと宗教についてみていきます。
    少し真面目な話題となってしまいますが、クリスマスの過去の姿に想いを馳せるのもロマンチックですよ。

    クリスマスの起源はキリスト教ではない

    photo-1494870703355-d05125562171
    今ではクリスマスはキリスト教の祭事であると広く認識されています。
    しかし、クリスマスは元からキリスト教の祭事だったわけではなく、他の宗教の祭事を転用して誕生したものなのです。
    以下ではキリスト教の歴史を背景に、クリスマスの起源に迫ります。

    ローマ帝国におけるキリスト教の公認

    キリスト教の起源は紀元前1世紀まで遡ります。
    当時、キリスト教は決して多くの人に信仰される宗教ではなく、ローマ帝国により迫害を受けていました。
    しかし、西暦313年に時のローマ帝国皇帝であるコンスタンティヌス帝がキリスト教を公認する勅令を発します。
    これがミラノ勅令です。
    キリスト教の隆盛はローマ帝国に公認されたこの時から始まったのです。
    しかし公認当時、キリスト教において特にクリスマスを祝う習慣はありませんでした。
    キリスト教がクリスマスを祝うようになったのは、当時のローマ帝国に存在した他の祭事を転用したためなのです。
    何の祭事を転用したかという点については、以下の2つの説があります。

    ミトラ教の太陽祭

    photo-1484766280341-87861644c80d
    キリスト教が公認される以前、ローマ帝国ではミトラ教が信仰されていました。
    ミトラ教は太陽神ミトラスを主神とする宗教です。
    このミトラ教においては、12月25日に太陽を祝う祭事を行っていました。
    なぜ真冬に太陽なのかといいますと、12月下旬に冬至があることと関係します。
    1日の長さは冬至で最も短くなり、冬至の後から夏至にかけてどんどん長くなっていきます。
    ミトラ教においては冬至を境に太陽神が息を吹き返すと考えられており、そのため12月25日に太陽神を祝う祭事が行われていたのです。

    キリスト教は313年にローマ帝国に公認されてから、破竹の勢いで広まります。
    その過程で最大のライバルであったミトラ教の祭事を取り込み、クリスマスを作り出したのです。
    これがクリスマスの起源がミトラ教の太陽神を祝う祭事にあるとする説です。

    サートゥルナーリア祭

    photo-1438557068880-c5f474830377
    ローマ帝国では12月17日から12月23日までサートゥルナーリア祭という農耕の神様を祭る祭事が行われていました。
    これがクリスマスの起源であるという説もあります。
    サートゥルナーリア祭はローマ帝国における最大の祭りであったとされ、この祭りでは主人も奴隷も関係なく大騒ぎが連日連夜続けられました。
    祭の期間中は正装をやめ、大いに飲み食いをして盛り上がったのです。
    まさに無礼講といった趣の強い祭です。
    西暦392年のローマ帝国におけるキリスト教の国教化に伴い、このサートゥルナーリア祭がキリスト教と同化し、今のクリスマスになったとする説があります。

    クリスマスの起源

    このように、キリスト教には元はクリスマスを祝う習慣はありませんでした。
    しかし、ローマ帝国において公認され、国教化される過程でキリスト教はローマ帝国に存在した文化と融合し、クリスマスを作り出したのです。
    現在でこそクリスマスはキリスト教の文化であるといって差し支えはありませんが、元はキリスト教とは別の祭事だったのですね。

    クリスマスを祝うことができない国

    596508b02d5dc03067f18129b552d44e_m
    現在クリスマスは世界中で広く祝われています。
    キリスト教を信仰していない人であってもクリスマスを一種のイベントとして楽しんでいるのです。
    しかし、世界にはクリスマスを祝うことができない国も存在します。

    サウジアラビアはクリスマスを祝わない

    クリスマスはイスラム教国家でも広く祝われていますが、サウジアラビアでは別です。
    サウジアラビアは国教としてイスラム教を指定しており、別の宗教の祭事を大々的に祝うことを禁止しているのです。
    そのためサウジアラビアにおいて、クリスマスは特に祝われません。
    これは外国の文化から自国の文化を守るための政策です。
    同様にサウジアラビアではバレンタインも祝ってはいけないとされています。

    日本の宗教とクリスマス

    photo-1476725974034-6788d424c132
    現代の日本では当然にクリスマスが祝われます。
    11月中頃には街中でクリスマスのイルミネーションが灯りはじめ、クリスマスソングが流れてきます。
    しかし、日本で長く信仰されてきた宗教は神道であり仏教です。

    このような日本において、なぜここまでクリスマスが根付いたのでしょうか。
    以下では日本におけるクリスマスの歴史をみていきましょう。

    キリスト教の伝来と弾圧

    1549年のフランシスコ・ザビエルによる布教を契機として日本にキリスト教がもたらされました。
    1552年には現在の山口県において、カトリック教会の宣教師が日本人の信徒を招き、キリストの降誕祭を行っています。
    これが日本における最初のクリスマスです。
    その後、豊臣秀吉や徳川秀忠によりキリスト教への弾圧が行われ、長らく日本においてクリスマスが祝われることはありませんでした。

    クリスマス商戦

    444ed251a62d7c2900d232cf718b28c6_s
    日本においてクリスマスが市民権を得たのは1900年に入ってからです。
    この年、銀座において明治屋がクリスマス商戦を展開したことが日本にクリスマスが浸透するきっかけとなりました。
    その後、時代の経過とともにクリスマスは人々の間に浸透していきます。
    時代が昭和に入ると、東京を中心にクリスマスの文化が一気に花開きます。
    1927年から1948年まで日本においては12月25日が休日でした。
    12月25日が休日であったこともクリスマスが広く世間に受け入れられたことに大きく関係しています。
    その後12月25日は休日ではなくなりましたが、クリスマスは年中行事として世間に浸透し、今に至るまで盛大に祝われているのです。

    日本は他宗教に寛容

    このように日本において本格的なクリスマスは商戦の一環として始まりました。
    1953年、鎖国が解かれたと同時に日本には海外の文化が続々と流入してきます。
    当時の日本には積極的に海外の文化を取り入れる姿勢があり、クリスマスもその一環として日本に入ってきたのです。
    つまり、クリスマスはキリスト教という特定の宗教の行事としてではなく、あくまで海外の年中行事として市民に受け入れられました。

    また日本で広く信仰されている神道と仏教は共に多神教の傾向を持ちます。
    そのため、キリスト教が日本に入ってくることについても寛容です。
    キリスト教における神も、日本では多神教における神のうちの1人でしかないのです。

    このように日本においては、クリスマスはそもそも宗教色を持たない海外の文化として受け入れられました。
    また日本では多神教が広く信仰されていたことから、キリスト教文化を取り入れることについて大きな抵触もなかったのです。
    その結果、現代では日本においてもクリスマスが盛大に祝われるようになりました。

    まとめ

    photo-1480923712941-b68cb5f222d8
    以上のように、現在はキリスト教行事の代名詞ともいえるクリスマスは、元はローマ帝国で行われていた祭事でした。
    キリスト教が勢力を増す過程でその祭事を取り込み、キリスト教のクリスマスが形成されたのです。

    現在クリスマスは世界中で広く祝われていますが、宗教上の理由からサウジアラビアのようにクリスマスを祝うことができない国も存在します。
    日本においては当初、クリスマスは宗教色が強い行事としてではなく企業の商戦の一貫として取り入れられました。
    そして、他宗教に寛容な神道および仏教と上手く融和し、現代のクリスマスが形成されてきました。

    今でこそ私たちの日常にしっかりと溶け込んでいるクリスマスですが、今に至るまでにはこのような経緯があったのですね。
    今年はクリスマスの過去の姿に想いを馳せてみるのも素敵かもしれません。