クリスマストリビア

クリスマスに食べるものは世界で違いがある?アメリカ日本、その他の国の違いとは

投稿日:

あなたはクリスマスに何を食べますか?
日本だとケンタッキーフライドチキンを買う家庭も多く、クリスマスにはチキンというイメージが強いです。
また日本の場合は、ケーキも欠かすことができません。

では、世界ではクリスマスにどのようなものが食べられているのでしょうか?
外国ではクリスマスにターキーを食べると聞いたことがある人も多いでしょう。
今回は世界でクリスマスに食べられている料理のお話です。
世界各国のクリスマス料理を知ることで、今年は一味違ったクリスマスを演出できるかもしれません!

日本のクリスマス料理

以下では、日本の定番クリスマス料理を紹介します。
お馴染みのクリスマス料理は心が和みますね。

ケンタッキーフライドチキン

food-997682_1280

日本のクリスマスといえば、一にも二にもケンタッキーフライドチキンです。
クリスマスに家族で食べた経験があるという方はきっと多いはずです。
ケンタッキーフライドチキンは、クリスマスに合わせてチキンのみではなく様々な料理を売り出します。
最近は本格的なローストチキンやケーキも、ケンタッキーフライドチキンで買うことができます。

ローストビーフとピザ

pizza-2973200_1280

ケンタッキーフライドチキンほど定番ではなくても、クリスマスにローストビーフやピザ食べる家庭は多いです。
どちらも日常を忘れさせてくれる豪華な料理であり、クリスマスを盛り上げてくれますね。
また家族で囲んで食べられるという点も大きな魅力です。

クリスマスケーキ

98dcf9891098a8bf48da48999fac829e_m

クリスマスの大きな楽しみといえば、ケーキです。
昨今は、ケーキ屋さんのみならず、多くのスーパーやデパートでもクリスマスケーキを売り出します。
有名シェフが監修したケーキもあり、普段は食べないような豪華で洗練されたケーキを楽しむことができるのはクリスマスの醍醐味ですね。
クリスマスはケーキの種類を変えるだけで、思い出がぐっと深まります。

アメリカのクリスマス料理

クリスマスの本場といえば、あなたはどの国を思い浮かべますか?
クリスマスのイベント自体はヨーロッパで誕生したものですが、現代においてはアメリカこそクリスマスの本場の国と考える人も多いでしょう。
以下では、そんなアメリカでクリスマスに食べられている料理を紹介します。

実はターキーはそれほど食べない?

外国のクリスマス料理というとターキー(七面鳥)を思い浮かべる人もいると思いますが、実はクリスマスにターキーはそれほど食べられません。
むしろターキーは感謝祭(アメリカの場合、11月の第4木曜日)で食べられることが多い伝統料理です。
クリスマスと時期も近いため、感謝祭にはタ―キーを食べて、クリスマスには別の肉料理を食べる家庭が多くなっています。
ただ、もちろんクリスマスにターキーを焼く家庭もあります。

ローストビーフ、ハム

fillet-of-beef-2654315_1280

アメリカのクリスマス料理で欠かせないのが、ローストビーフとハムです。
どちらも日本でよく見かけるものよりも大きく、肉の塊といった印象を抱かせるものです。
それらをオーブンで豪快に焼く様は特別感があり、非常に豪華な料理です。
食べるときも分厚く切られるので、確かにローストビーフやハムなのですが、食べ応えはステーキに近いものがあります。
アメリカらしいダイナミックなメイン料理ですね。

ローストチキン

taiwanese-cuisine-1057726_1280

クリスマスのアメリカを彩る肉料理として忘れてはならないのが、ローストチキンです。
最近はタ―キーよりもチキンを食べる家庭が増えてきています。
こちらも丸鶏をオーブンで豪快に焼き上げるスタイルです。
ちなみに、アメリカではクリスマスにケンタッキーフライドチキンはあまり食べられません。

パイとクッキー

christmas-cookies-2988164_1280

アメリカではクリスマスにケーキよりもパイが食べられます。
パイの種類は家庭によりけりで、アップルパイ、チェリーパイ、ブルーベリーパイ、パンプキンパイ、スイートポテトパイなどがあります。
またアメリカではクリスマスに大人数でパーティーをすることから、クッキーもよく食べられます。
雪だるまやサンタクロースなどのクリスマスのモチーフをかたどった大きなクッキーは、アメリカンクリスマスのシンボルですね。

エッグノック

photo-1511905881394-700968148222

アメリカのクリスマスを語る上で忘れてはならないのが、エッグノックです。
エッグノックは、たまご、牛乳、砂糖などを混ぜて作る温かいドリンクです。
エッグノックの魅力は、個人の好みに合わせてシナモンなどのスパイスや、ブランデーなどのお酒を加えて楽しむことができる点です。
寒いクリスマスの夜に、身体を芯から温めてくれる甘く優しいドリンクです。

その他の国のクリスマス料理

ここまで日本とアメリカのクリスマス料理を見てきましたが、結構な違いがありました。
しかし、諸外国にはさらに驚きのクリスマス料理が存在します。
以下では、世界のクリスマス料理について紹介します。

フランスのジビエ料理

restaurant-1763081_1280

フランスの内陸部では、クリスマスにジビエを食べる習慣があります。
ジビエは狩猟肉とも呼ばれ、マガモ、アヒル、キジ、野ウサギ、シカなどが代表的です。
これらのジビエはローストされ、クリスマス料理として供されます。
ちなみに、フランスのブルゴーニュ地方のピノノワールを使った赤ワインは、ジビエ料理によく合います。

スウェーデンのユールシンカ

30491408724_5160cf9200
(引用:http://blog.livedoor.jp/spicesoflife/archives/51886398.html)

スウェーデンでは、マスタードと卵液をハムに塗って焼き上げたユールシンカというローストポークがよく食べられます。
マスタードの風味がアクセントとなったスウェーデンの定番料理です。
ユールシンカは豚肉の塊を使って作られることもあり、豚肉のジューシーな脂にマスタードの酸味が実に合うのです。
日本でも一風変わったクリスマスのメインディッシュを作りたいときにおすすめです。

ハンガリーのハラースレー

20110509_746270
(引用:http://hungary.jugem.jp/?eid=467)

ハンガリーでは、12月24日にハラースレーという川魚のスープが食べられます。
ハラースレーは、香味野菜と魚からじっくりと出汁をとったスープに、パプリカ粉で赤い色をつけ、トマトペーストで味を調えたものです。
普段ほとんど魚を食べない人でも、「クリスマスだけは絶対にハラースレーを食べる!」という場合もあるのだとか。
クリスマスに川魚のスープというのは、非常に新鮮ですね。

ドイツのシュトーレン

christmas-stollen-2903847_1280

クリスマスのスイーツとしてぜひとも紹介したいのが、ドイツのシュトーレンです。
シュトーレンは、ケーキ生地にドライフルーツやナッツを練り込み焼き上げ、表面に真っ白な粉砂糖をまぶしたお菓子です。
適度に甘く、ドライフルーツやナッツの複雑な風味があり、非常に美味しいのです。
ドイツでは、12月に入るとシュトーレンが様々な場所で売り始められます。
そして、人々はスライスしたシュトーレンを1切れずつ食べながら、クリスマスを待つのです。
クリスマスを待つ間に食べられるお菓子って素敵ですね。

まとめ

christmas-table-1909797_1280

今回は世界のクリスマス料理を紹介しましたが、いかがでしたか?
日本での定番料理は決して世界の定番料理ではないのですね。
それどころか、国によってクリスマスに食べられる料理は実に多様です。
それらは国ごとの文化や気候を反映しており、私たちに改めて世界に潜む多様性を教えてくれますね。

いつもと違ったクリスマスを演出したいと考えるなら、今年のクリスマスは他国の定番料理を用意してみてはいかがでしょうか?
日本では手に入りにくい食材を使った料理も多いですが、「今年はドイツのクリスマス」と決めて料理をするのも楽しいでしょう。
また友人と集まるクリスマスパーティーで、一風変わった料理を披露するのもおすすめです。
今年のクリスマスはぜひとも料理に工夫を凝らしてみてください!
きっと今までとは違った味わいのあるクリスマスになりますよ。

最高のクリスマスプレゼント.com

-クリスマストリビア
-,

Copyright© クリスマスマニア!クリスマスの知識や情報を集めたブログメディア , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.