クリスマスデートスポット

2018年のクリスマス映画を紹介!子供も大人も楽しめるおすすめ映画は?

投稿日:2018年11月20日 更新日:

寒くなりクリスマスが近づくと、街中はイルミネーションが飾られわくわくしてきますよね。
今年のクリスマスはどのように過ごす予定ですか?
日本ではクリスマスというと恋人と出かけるイメージが強いかもしれませ遠が、実は欧米では家で家族とのんびり過ごすのが定番です。
家でDVDを見る家族もあるでしょう。
また、たまには家族で映画館に行ってみるのもいいかもしれません。
ここでは、そんなクリスマスに家族で見るおすすめの映画をご紹介しましょう。

大人も子供も楽しめる映画ってどんなもの?


子供も大人も楽しめる映画というと、どのようなものなのでしょうか?
あまり子供の趣味に合わせすぎると大人が楽しめず、大人の好みだと子供が楽しめずと、家族みんなが楽しめる映画というとなかなか難しいですよね。
ここでは、大人も子供も楽しめる映画とはどのようなものなのか、考えてみましょう。

ハッピーエンド

家族で見る映画にまず必須なのが、ハッピーエンドということです。
せっかく家族で見る映画ですから、終わった後みんなで「楽しかったね」となるものがいいですよね。
特に小さい子がいるほど、楽しいテーマのものを選びましょう。

ラブシーンがない

一緒に見ていて気まずくなるようなシーンが含まれるものは、避けましょう。
ラブシーンなどは、子供ながらに気まずさを感じるものです。
同じく、喧嘩や殴るシーンがあるなど、子供が疑問に感じるシーンがあるものは避けた方が無難でしょう。

テーマが難しすぎない

子供は大人に比べて背景を理解するのに時間がかかります。
SFなど夢のある物語は子供に適しているように感じますが、背景を理解するまでは、何が何だかわからない可能性もあります。
SFなどでも、できるだけわかりやすいテーマのものを選びましょう。
少し難しいかもしれないと感じるものに関しては、事前にホームページやパンフレットを見せて内容や登場人物を説明してあげるといいですね。
特に映画館で見る場合には、見ている最中にわからず質問されると他のお客さんの迷惑にもなってしまいます。

怖いものは避ける

ちょっとスリルのある映画は見ているときは楽しいかもしれませんが、子供は夜に思い出すこともあり何となく後味の悪いものです。
怖いだけでなく、悲しい内容のものや子供に見せたくないもの、説明しにくいものに関しては避けた方がいいですね。

背景がわからないと楽しめないものは避ける

子供のキャラクターやシリーズものなどは、避けた方がいいでしょう。
普段から一緒に見て楽しんでいるならいいかもしれませんが、全く知らない子供のヒーローやアニメなどは、完全に子供に付き合っているだけで一緒に楽しんでいる訳ではないですよね。
家で見るならいいかもしれませんが、わざわざ映画館に行くなら、子供だけでなく大人も楽しめるテーマを選びましょう。

子供と映画館で楽しむには?


子供と映画館で楽しく映画を見るためには、特に子供が小さければ小さいほどしっかりと準備をしていくことが成功のコツです。
ここでは、子供と映画館で失敗しないためのポイントをご紹介します。

心の事前準備

子供はいきなり映画館に連れて行っても、戸惑うだけでどうしたらいいかわからないこともあります。
そのため、重要になるのが事前準備です。
当日見る予定の映画の背景や内容を説明しておきましょう。
また映画館で映画を見るのは、楽しいものだと期待値やテンションをあげるのも効果的です。
同時に、映画館では大きな声を出してはいけないことや、立ち上がるなど他のお客さんに迷惑のかかることはしてはいけないことなどを、事前にしっかり話して聞かせましょう。

トイレ対策

映画館ではトイレに行きにくいということを伝えておきましょう。
トイレに行きたくなったら、静かに外に出なければならないことも知っておく必要があります。
またおむつが外れたばかりの小さな子なら、念のためおもらしの対策もしておきましょう。
映画館でドリンクを飲む人も多いかもしれませんが、子供はトイレが近いので飲みすぎには要注意です。
少し大きな子供でも、映画館は暗く足元も見づらいのでトイレには一緒に行ってあげることをおすすめします。

ぐずった時の対策

映画館で映画を見るなら、2時間~3時間の間、席に座っている必要があります。
中には、なかなかじっとしていられない子もいますよね。
そんなときはぐずった時の対策も考えておきましょう。
とはいえ、おもちゃで遊ばせるわけにもいかないのが映画館です。
そこで最も有効なのが、お菓子やおにぎりなどの軽食です。
ポップコーンなどを買って入る人も多いかもしれませんが、それとは別にお気に入りのお菓子や軽食を持って入るといいでしょう。

防寒対策

映画を快適に見るためにも、暑すぎ・寒すぎた場合の対策があれば便利です。
夏なら防寒対策ですが、クリスマスシーズンの場合は、暖房対策ですね。
暖房が暑い場合に着替えられる少し薄手のトレーナーなどがあれば便利です。
また暖房をしていても足元が冷える場合もあるので、ひざ掛けや毛布などがあれば便利です。
毛布などは、映画館で準備してくれている場合もありますよね。

チャイルドシートの有無

映画館によっては、子供の高さを調整するためのチャイルドシートを準備してくれていることもあります。
ない場合には、できるだけ真ん中の通路当たりの座席を選ぶなど、子供が映画を見やすいように考慮してあげましょう。
席があまりよくない場合には、クッションやチャイルドシートを持ち込むのも検討しましょう。

子供も一緒に楽しめるママズクラブシアターって?


子供の映画館デビューや色々準備をしても、子供がきちんと座って最後まで映画を見られるか心配なら、子供も一緒に楽しめるサービスを利用すると安心です。
最近では多くの映画館が、赤ちゃんや子供連れでも安心して楽しめる上映サービスを提供しています。
ここでは、そんな中でも先駆け的な存在であるTOHOシネマズのママズクラブシアターをご紹介しましょう。

TOHOシネマズ/ママズクラブシアターって?

TOHOシネマズは全国約60カ所の劇場を持つ映画館です。
ママズクラブシアターは月に1~2回、木曜日に実施されています。
ポイントとしては、

  • 明るめの照明
  • 小さめの音量
  • 子供用のチャイルドシート
  • ベビーカー預かりサービス

などがあります。
小さな子供や赤ちゃん連れの人向けの上映なので、赤ちゃんがぐずっても安心です。
子供向けの映画しか上映されていないと誤解されがちですが、ママが楽しめる映画もたくさん上映されています。
家族で映画を見に行く前の練習としてもおすすめです。

おすすめ映画1、シュガー・ラッシュ:オンライン


(参照:https://www.disney.co.jp/movie/sugarrush-ol.html)

ここからは、2018年のクリスマス、家族で見に行くのにおすすめの映画をいくつかご紹介します。
まずは、ディズニー・アニメーション・スタジオの新作「シュガー・ラッシュ オンライン」です。
人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、悪役キャラだけど心優しいラルフと、好奇心旺盛なレーサーでプリンセスのヴァネロペの冒険と友情を描いた2012年公開の映画「シュガー・ラッシュ」の続編です。
たくさんのディズニープリンセスが登場するので、女の子のテンションが上がること間違いなしの映画です。
また、登場するゲーム内容にカーレースがあるので、車好きの男の子の心もつかんでくれるでしょう。
2012年というと、今回見ようと思っている子供たちは小さかったり生まれていなかったりするので前作を見たことがない子がほとんどではないでしょうか?
自宅で前作のDVDを見てから行くことで、主人公にも親近感がわくのでお勧めです。
また、ディズニー映画なので大人が見ても映像の迫力など、退屈することはないでしょう。
先日公開された「塔の上のラプンツェル」のラプンツェルが撮影したセルフィー風の画像には、アリエルに支えられて大はしゃぎの主人公ヴァネロペを中心に、シンデレラや白雪姫、アナとエルサ、モアナと、ピクサーの「メリダとおそろしの森」のメリダまで様々なキャラクターが登場し、期待度を高めています。

おすすめ映画2、アリー/スター誕生


(参照:http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/) 

公開を前に、大きな話題を呼んでいるのがレディーガガ主演の映画『アリー/ スター誕生』です。
レディーガガには子供のファンも多く、親しみを持っている子もいるのではないでしょうか?
もちろん、大人にも大人気ですよね。
この作品は、1937年の「スタア誕生」の4度目のリメイク作作品です。
ウエイトレスをしながら歌手になることを夢見るレディーガガ演じるアリーが、世界的ロックスターのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)と出会い、スターダムを駆け上っていくというストーリー。
「夢を叶える」というテーマで、子供にぜひ見てほしい作品です。
歌のシーンがあるので、大人はできれば字幕で見たいところですが、そのあたりは子供の年齢との相談ですね。

おすすめ映画3、グリンチ


(参照:https://grinch.jp/) 

グリンチは、イルミネーション・エンターテインメントによる2018年のアメリカ合衆国の3DCG・アニメーション映画です。
原作は1957年のドクター・スースの児童文学「いじわるグリンチのクリスマス」で過去にも2度映像化されている作品です。
フーヴィルに住む人々がクリスマスの準備に勤しむ中、グリンチは愛犬マックスと、クリスマスをめちゃくちゃにしようと悪だくみをしています。
一方、シンディ・ルーは、クリスマスにいつも母親を助けてくれるサンタクロースにお礼を言うため、サンタクロースを探しに行く計画をしていました。
この2つの計画がぶつかり合ってストーリーが展開していきます。
愛らしいグリンチと共にサンタクロースが登場するストーリーは、子供にわくわく感動を与えること間違いなしです。
内容だけでなく、その映像技術にも注目が集まっています。

まとめ

いかがでしたか?
子供と映画館で映画を楽しく見るには、何より事前準備が大切です。
お腹がすいた。寒いなど不快になっては、最後まで座席に座っていられない可能性もあります。
考えられる問題に対して前もって対策を考えておくことで、公共の場では静かに見なければならないこと、また映画館の特別な雰囲気など、とてもいい経験になるでしょう。
お気に入りの映画を見つけて、ぜひ楽しんできてくださいね。

最高のクリスマスプレゼント.com

-クリスマスデートスポット
-,

Copyright© クリスマスマニア!クリスマスの知識や情報を集めたブログメディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.