Rss

    和食でクリスマスの雰囲気を味わいたい!どんな料理や献立がおすすめ?

    クリスマスといえばケンタッキーフライドにはじまり、ローストビーフやピザを食べることが多いです。
    クリスマス自体が西洋の風習であることから、食べられる料理も西洋もものが多いのですね。
    しかし、クリスマスに和食を食べるのだって全く問題ありません。
    お祝いの日ですから、あなたの好きなものを食べればいいのです。

    今回は和食を用いて演出するクリスマスについて紹介します。
    和食で彩るクリスマスはどこかしっとりと落ち着いたムードとなります。
    また洋食が苦手な人とクリスマスを過ごす際にも嬉しいですね。
    今年はあなたも和食を使ったクリスマスを造り上げてみてはいかがでしょうか?

    クリスマスを彩る和食のメイン料理

    photo-1511344407683-b1172dce025f

    以下ではホームパーティーでメインを張ることのできる和食を紹介します。
    西洋の雰囲気はそのままに味付けを和食としたものから、まさに和食といった料理まで。
    和食で作る食卓をイメージしながら読んでみてください。

    鶏の照り焼き

    鶏の照り焼きは西洋のクリスマスの雰囲気を損なうことがない和食ということができます。
    西洋ではクリスマスにターキーやチキンがよく食べられます。
    鶏の照り焼きであれば味付けこそ和食ですが、チキン料理という点は西洋と同じです。
    定番のクリオスマスメニューと同じ素材を使いつつ味付けで和の雰囲気を出すことができるので、クリスマスムードそのままで和食を楽しむことができます。
    鶏の照り焼きは各種のお酒とも相性が場が継ぐんです。
    和食を使ったクリスマスメニューとしては初心者でも取り入れやすいですね。

    ちらし寿司

    ちらし寿司も豪華でクリスマスパーティーにぴったりの和食です。
    大きな円形のすし桶に入ったちらし寿司は、パーティーの雰囲気を盛り上げてくれますね!
    また主食として食べられる点もおすすめのポイントです。
    クリスマスの料理は主菜や副菜は様々なレシピがありますが、ご飯ものは決して多くありません。
    パンを用意して食べるのもちょっとなぁ…という方にちらし寿司は大変におすすめなのです。

    ちらし寿司の具には好きなものを使いましょう。
    一般的なちらし寿司も良いですが、海鮮ちらし寿司も非常にゴージャスです。
    家族の好きなものを使って作ることができるので、思い出に残るクリスマスパーティーの演出にぴったりです。

    手巻き寿司

    クリスマスの和食には手巻き寿司もおすすめです。
    手巻き寿司のよいところは一人ひとりで作って楽しむことができながらも豪華で特別感があるところです!
    具材も人それぞれ好きなものを巻くことができるので、好き嫌いに左右されない点も魅力ですね。
    また子供のパーティーのメニューとしても使いやすい和食です。
    大人のホームパーティーのとしも手巻き寿司のコーナーを用意しておくと、おもいおもいにつまむことができて素敵です。
    お寿司はクリスマスに用意しても華やかで存在感のある代表的な和食です!
    場合によっては、焼いたお肉を巻いて和洋折衷の雰囲気にしてもよいかもしれません。
    巻く具材により様々な雰囲気を演出できるのが手巻き寿司の強みです!

    みぞれ鍋

    みぞれ鍋は大根おろしをたっぷりと使った鍋のことを指します。
    鍋に溶けた大根おろしが、みぞれに見えることからそう呼ばれる雅な鍋です。
    実はこのみぞれ鍋、クリスマスのメニューとしてもぴったりなのです。
    それは、大根おろしを利用して雪だるまを作ることができるためです!
    また雪だるまをこそ作らずとも、大根おろしそのものが雪に見えるためクリスマスの雰囲気によく合います。

    鍋の出汁は市販の塩味やしょうゆ味のものを利用して構いません。
    そこに大根おろしの甘みが溶け込み、さっぱりとしつつも奥深い味わいの鍋を作ることができます。
    年配の方と過ごすクリスマスに是非とも作ってほしいメニューとなっています。

    カニしゃぶ

    クリスマスパーティーにおいて、みんなで豪華に囲むことができるものといえば…しゃぶしゃぶです!
    もちろんお肉のしゃぶしゃぶも素敵ですが、カニしゃぶは季節感もあって最高です。
    カニしゃぶは昆布で出汁をとり、市販のカニの脚を使ってしゃぶしゃぶをしましょう。
    軽くチキンを用意しつつ、メインとしてカニしゃぶを用意するのも特別感がありおすすめです。
    またカニしゃぶ用のカニは網やグリルで焼いても美味しいため、変化もつけることができます。
    カニの出汁と身が溶け込んだスープはぜひとも雑炊にしてください。
    炊いてから洗ったお米をスープに入れて、溶いた卵を乗せて蒸すカニ雑炊は絶品ですよ。

    すき焼き

    家族団欒を象徴する献立といえば何を想像しますか?
    すき焼きを想像しませんか?
    このようにすき焼きもクリスマスメニューとなる和食です。
    すき焼きは最早料理のジャンルを超えた美味しさを持っていますからね。
    せっかくのクリスマスには、いつもよりもちょっと豪華なお肉を用意して、すき焼きを楽しみましょう。
    もちろん締めのうどんも忘れずに!
    すき焼きは豪華なパーティーメニューながら、どこかほっとする雰囲気を造り上げてくれます。

    気の利いた和食の副菜

    japan-77984_640

    クリスマスの副菜も和食でしっかりとまとめることができます。
    メインとしてチキンは用意しつつも、副菜を和の雰囲気にするといつもと違ったクリスマスを楽しむことができますね。
    以下では、2点の副菜のメニューを紹介します。

    和風カルパッチョ

    カルパッチョといえば西洋を代表する副菜ですが、少しのアレンジで和風カルパッチョを作ることができます。
    カルパッチョにはレモン汁と香草が欠かせませんが、それをすだちの搾り汁と大葉にするのです。
    またミョウガを使ってもよいですね。
    お刺身は鯛などの白身魚やタコがおすすめです。
    仕上げにほんのりと醤油を垂らしても素敵です。
    このように西洋の料理であっても少しのアレンジで雰囲気を和食にすることができます。
    和風カルパッチョは非常におすすめですよ。

    さらに白身魚を使わずにカツオのたたきを使うのもおすすめです。
    水菜、みょうが、ネギ、大葉などの香草をたっぷりと乗せて作るカツオのたたきは大皿で作ると見た目も華やかで素敵ですね。
    お刺身は和風にも洋風にも使うことができるので、クリスマスにぜひともりようしてみてください。

    茶碗蒸し

    茶碗蒸しもクリスマスメニューになりうる和食です。
    具材としては、海老や松茸などの豪華なものを使うのがポイント。
    卵の柔らかさがお出汁の風味を和らげてくれる茶碗蒸しは、ローストチキンやローストビーフと一緒に食卓に出しても違和感がありません。
    むしろ西洋の強い味わいの料理に対する、よい箸休めとなります。
    茶碗蒸しのあるクリスマスの食卓なんて、とても洒落ていると思いませんか?
    柔らかなくちどけと、ほんのりした甘さを持つ茶碗蒸しは子供にも大人気です。

    クリスマスに和食を用いる際のポイント

    bulgogi-1168325_640

    クリスマスに和食を用いる際は、特別感をいかにしてだすことができるかという点が一番のポイントです。
    普段はなかなか食べないようなメニューであれば和食であってもパーティーの雰囲気を損なうことなく豪華な印象となります。
    また副菜は、味の濃い料理の箸休めとなるようなものを用意するのがおすすめです。
    メイン料理は洋風にして、副菜を和食でまとめた献立もスタイリッシュで素敵です。
    クリスマスはお酒を飲むことも多いので、お酒を合うという観点からメニューを考えるのもよいですね。
    年に一度のクリスマスですから、料理のジャンルがなんであれ豪華で特別なメニューを用意しましょう。

    まとめ

    photo-1511268917364-40c90e2790ce

    以上のように、クリスマスは和食で楽しむこともできます。
    特にお寿司やすき焼きはそもそもが豪華な料理なので、クリスマスに用意しても違和感がありません。
    むしろクリスマスだからこそ、いつもよりさらに豪華なお寿司やすき焼きを作りましょう。
    和食で彩るクリスマスは年配の方と一緒に過ごす際にもおすすめです。
    また外国の人をもてなすパーティーで和食を使うのも素敵ですね。
    和食はどんな雰囲気にも対応することのできる万能メニューなので、悩まずに豪華なメニューを堂々と出してよいです。
    今年は和食でしっとりと落ち着いたクリスマスを演出してみませんか?

    最高のクリスマスプレゼント.com

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です